どのタイミングで何をやるか決めておくことが大事

トラブルを回避する

男女

マナーを守る

引越しをした際には近隣に挨拶をするべきなのかどうか、悩んでしまうこともあるでしょう。最近では独り暮らし専用の賃貸物件も増加をしているので、挨拶をする必要がないと考えている人も多いです。同じ境遇の人が集まっているということであれば、あまり周りと関わりを持たないほうが好ましい、という考え方もあります。しかし引越しをすると当然近隣への迷惑がかかります。音がうるさかったり、人の出入りがあったりすると不愉快に感じてしまう人もいます。ひとこと挨拶をしておくことによって、トラブルを回避することもできるので、出来れば挨拶は引越し作業を行う前にしておくとよいでしょう。その際に手ぶらというわけにはいかないので、菓子折りがあると印象もよくなります。日中、住人があまりいない時間を狙って引越し作業をするという人もいます。その場合には、作業が完了をして数日の間には近隣への挨拶は済ませておくことが好ましいです。誰が住んでいるのか分からない、という状況が当たり前になってきていますが、それでもマナーとしては誰が住んでいるのかぐらいは伝えておくことは必要でしょう。都心部であれば挨拶をしなくても問題はないかもしれませんが、地方に行くと礼儀として考えられているので、失礼のないように対応をしなければいけない、ということもあります。そんなに高額なものではなくても手土産ぐらいは用意をしておかなければ、非常識な人というレッテルを貼られてしまうこともあります。

Copyright© 2019 どのタイミングで何をやるか決めておくことが大事 All Rights Reserved.