どのタイミングで何をやるか決めておくことが大事

依頼者の立場をカバー

ダンボール

教育されているから抜かりがない

引越しの作業で騒音が出ることや、作業用トラックが少しの間だけ道を塞いでしまうこともあるかもしれません。引越し業者を利用する際、業者は依頼者から言われるまでもなく近隣住民に声かけをします。それがたとえ迷惑をかけない場合でも、ホスピタリティ研修で教育されているので、抜かりはありません。他に移るのならまだしも、遠方から移住してくるのならご近所同士でのいざこざを防ぐためでもあります。挨拶をすることで引越し業者にしてみれば、宣伝になるともいいます。ちなみに、作業開始前に行われるようですが、引越し業者のチェックリストには、隣近所の呼び鈴を鳴らした件数、在宅・留守宅の件数をチェックする項目もあるようです。引越しの挨拶は当日が適しているようで、作業で騒がしくなる可能性をお詫びする意味と、これから宜しくお願いしますという意味で行われています。また、引越し業者によって挨拶用ギフトの準備、提供までサービスしているケースがあります。それこそ、指定したプランの契約によって無料にしているところもあるようです。いつでも渡せるように、誰にでも喜ばれるように、箱ティッシュやキッチン用ラップを用意していることが多いそうです。特に、単身者の引越しではこの程度のギフトでも周りからの印象が好評とも言われているサービスのようです。ギフトのパッケージには、お世話になりました、これからお世話になりますなど、依頼者のおかれている状況に添った挨拶状の印刷に仕上げているのもポイントのようです。

Copyright© 2019 どのタイミングで何をやるか決めておくことが大事 All Rights Reserved.